忍者ブログ

うさこにっき

生活クラブのsnsクミーズ、2007年から2013年までのブログ記事。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  2012/03/31


図書館で見つけて、鳩とか動物の本かなあと開いたら、
生まれた子どもに障害があると告げられたところでした。
1922年のこと。

物事を理解し、考え、判断し、感情も、
ふつうのひとと変わらないにもかかわらず、
脳性マヒのため、
自分で動かせるからだと、コミュニケーションの手段がないために、
ピーティは重い知的障害と診断され、
介護を受けるだけの年月が過ぎていきます。

介護補助をする人は、特に専門の訓練を受けた人ではなく、
ピーティが不自由なのは体だけだと気づく人が現れても、
ピーティの環境は改善されることがなく、辛い別れを繰り返します。

ピーティは自分の体に閉じ込められたままでも、
見えるもの、感じるものから、幸せを感じ、
少ない言葉からも、人とコミュニケーションをしていきます。

いろいろな状態の人がごっちゃ混ぜの状況から、
介護の状況が変わり、別の施設に移った第二部、
年を取ったピーティに新たな転機が訪れます。

・・・・・

障害にもいろいろあるけれど、わたしはまったく関わらないまま、
過ごしてきたので、本で読んで、想像するしかありません。
ダイアログ・イン・ザ・ダークを体験したり、
爆笑問題で福島智が出演していたので、本を読み、
ヘレンケラーの本を読んでも、全く分かっていなかったのだと知りました。
ピーティは、目が見えて、耳もが聞こえても、
体が動かず、コミュニケーションを取れない人のお話です。

体や心の不都合で、
コミュニケーションがとれない人は、どれだけたくさんいるんだろう。
どこにも不都合がなくても、
コミュニケーションがとれない人もたくさんいる、今。
どうしたら、どこかで誰かと話をすることができるんだろう。
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
うさこ
性別:
非公開

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- うさこにっき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]