忍者ブログ

うさこにっき

生活クラブのsnsクミーズ、2007年から2013年までのブログ記事。

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/09/30


ジャネット・テーラー・ライル 作
多賀京子 訳
福音館書店 
 
前に借りて、読めなかったので、再度借りてきたら、
おもしろくてすぐに読めた。

お母さんが亡くなって初めての夏休みに
お父さんのおばさんちに預けられることになった
9歳のオリヴィアと5歳のネリーの姉妹の話。

昔の話なら、おばさんがいじわるなのか、
もしくは、とても子ども好きな人とか、
両極端な話になっていたかもしれないけれど、
今の話はそうではない。

昔、園芸家で今では手入れしきれない庭を持つ、
子どもを育てたことがないから常識には欠けるけれど、
優しさだけはたっぷりあるミンティーおばさん、
小さなネリーの母親役を務めている9歳のオリビィア。
そして、たくさんのきまりごとをほかの人が守らないと
かんしゃくをおこして、大変なことになるネリー。

ネリーの小さいけれど、重要なきまりごとに
おとなは驚かされるかもしれない。
着替える順番が決まっていて、
階段はうしろむきでのぼったりおりたりして、
クッキーには味や形のわかるものが二種類以上入っていたら食べられない。
子どもって、なんて手がかかるんでしょう

姉のオリヴィアだけを自分のものにしているネリーと、
ネリーのことだけを考えていたオリヴィアが、
お母さんを亡くした悲しみを心に持ったまま、
おばさんの庭が舞台の本『花になった子どもたち』を
みつけたことをきっかけに、かわっていく様子が描かれている。

出てくる人が、特別すごい人ではないし、
特別な何かが起こるわけでもないけれど、
おいしげった庭が、少しずつきれいになっていくように、
子どもたちの心が、すこしずつ晴れていく。
妖精の魔法もあるのかないのか、わからないまま。
少し不思議な、そんな素敵な庭があったらいいなと思うような話でした。

・・・

秘書さん
ちいさいときに、重要な決まりごとあったよね~
なぜそういうことするんだろう?

・・
うさこ
どうしてそういうことをするんでしょう~?
しかし、家の子どもたちは、そういうことがほとんどなかったと思う~
あったら、めんどくさかったけど
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
うさこ
性別:
非公開

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- うさこにっき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]