忍者ブログ

うさこにっき

生活クラブのsnsクミーズ、2007年から2013年までのブログ記事。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 2011/06/04
子どもが普天間基地のツイッターを始めて、
最初は見方がわからず、返信も大変だったのが、
9条関係や、今回の原発では、リツイートがどんどん入り、
ニコニコ動画や、ユーストリームなどのライブの情報も入り、
便利だなあと思っていましたが、(男の子は自分で書き込むことは少ない)

垂れ流し状態になるのは考えものだなあと思いました。

そんなこんなで、やどかりさんの日記
まして不特定多数の人の目に触れるネットの海に流れ出した言葉の責任を自分はどれだけ負えるのか
を読んで、
最近、なにか、どこかで読んだけど…なんだったっけ???
と思ったら、本でした。

大草原の小さな家のローラの子どものローズの話です。

りんご 『大きな赤いリンゴの地』 ロジャー・リー・マクブライド

あるとき、ずっとずっと昔のこと、ある女の人が牧師さまに、
じぶんはとなりの人のことでいたずら心からうそをついたと告白したの。
牧師さまは罰として、アザミの花の綿毛をとって、
それを風に飛ばすようにいったの。
それがおわったら、もどってきなさいといったのよ。

その人は、いまのあなたとおなじようにおどろいたわ。
なぜ?と思ったのよ。
でも、いわれたとおりにしたの。
野原へいって、アザミをつんで、ばらばらにして、
種のついたふわふわの綿毛を風に飛ばしたのよ。
何百とあったわ。
だから、種は遠くまでどんどん飛んでいったというわけ。

その女の人は思ったの、『こんなの簡単だわ。』
でも、その人の罰ははじまったばかりだったのよ。
というのはね、その人が牧師さまのところへもどって、
いわれたとおりにやってきましたというと、牧師さまはこういわれたの。

『いいかね、その綿毛は、
あなたのうそとおなじようにそこらじゅうに散らばったのだ。
さあ、綿毛を集めてきなさい。』

うそはあっというまにひろまって、とめることなんてできやしないのよ。

・・・・・

もらったときにうれしいアザミの綿毛なら、どんどん飛ばしたいですねLOVE
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
うさこ
性別:
非公開

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- うさこにっき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]