忍者ブログ

うさこにっき

生活クラブのsnsクミーズ、2007年から2013年までのブログ記事。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.10.18
六ヶ所村ラプソディーをみてきました。

生活クラブに入った17年程前には、
うちの支部にも、脱原発委員会があって、
生活クラブ加入と共に、原発反対となったのでした。

しかし、映画を見ると、放射能が怖くない人も出てきます。
怖くないどころか、産業として期待している人、
安全という言葉を 『信じて』 いる人、
国家プロジェクトなんだから、いまさら一人が何かいっても変わらないという人・・・

電気は、なくてはならないものになってしまったけど、
原発は、あってはいけない。
そう考えている自分の方が、被害妄想でおかしいのかと思えてきます。

原発もたくさんあって、
さらに再処理工場で放射能がまきちらされていく。
たとえ、事故が起こらなくても、
環境は汚染され、食べるものも汚染され、
子ども達の病気が増えて、
働いている人たちも被爆していき、
健康な人は少なくなっていく。
そういう寒々とした光景は、そういう人たちには、想像できないのかな。

そうなったときに、責任を取れる人はだれもいないのに。
病気になってから、裁判しても健康な体は戻らないし、
海に空気にまぎれこんだ放射能は集められない。
どうして、反対しない人たちは、気持ち悪くないんだろう。

・・・・

青森のこうぎょくちゃんコメント
六ヶ所、この名前さえ知らない人が、日本の人口の何%いるのかと、思っています。
原発は政府が推進していて、国の安全基準は科学者が割り出している。
科学者も、事故になった時の事は分からないでいる・・・

だから応えようがない?
スリーマイル島の事故。チェルノブイリ事故。臨海事故。
知らない間に小さな事故・・・・
そのあとに来るものは????

地球の表面を放射線が飛び交っているけれど、ウランをわざわざ地中から掘り出して、核爆発させて、発電なら使ってもいい???

やっぱり私たちは、反対していきましょうね。
例え
よく知らないくせにと、言われても
電気は必要でしょと言われても
生活クラブが何故反対するの?と言われても
直感的にこれは危ないと感じた感性を信じましょうよ。

青森県での生活はもしかすると、危険ギリギリでしょう。
でもこの地で、生きてきた人々はこれからも子供を慈しみ、親を看取って、生活していくのです。
私もその一員となったからには、知らせていくほかありません。
話すほかありません。私の生きていく道で、反原発は普通の道ですから。

そして、ここにも仲間がいるから、
きっと大丈夫ですLOVELOVELOVE
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
うさこ
性別:
非公開

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- うさこにっき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]