忍者ブログ

うさこにっき

生活クラブのsnsクミーズ、2007年から2013年までのブログ記事。

2020/04    03« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.8.11
生活クラブ越谷ブロックがでているので、見に行くと、
職員のKさんがいたので、立ち話。
せっかくこんなに大きいお祭なのに、
生活クラブの組合員、隣のブロックでも知らなくてもったいないですねーと。
(川口の端の人なんて、川口駅に来るより近いんです。)

大学生が全て企画運営していて、
環境と謳っているものの、初めてのことなので、
どういう風になるか、全くわからず、
生活クラブとしての参加の仕方や、組合員へのチラシ配布など、
議論があったそうでした。
ブロックで参加にすることになり、
生活クラブ主宰じゃないから、職員としては楽だったそうです。

その話もよくわかる。
男の子でいちがメールでやり取りして、
お誘いがあったときに、どういう人たちが企画してるの?ときいても、
大学生だって。しかわからなかった。
自森有志で出ることになったものの、
企画すべて、でいちの持ち物から、「9条」「貧困」
いいのだろうか、これで?

もし、生活クラブがもっと関わっていたら、、
昨日は、すごく目立っていたはずなのです。
自然食カフェが食べ物販売していた以外、
食に関しては、農場の人が農産物販売していたくらいで、
大地を守る会やらでっしゅぼーやはきていなかったし。

越谷ブロックだけじゃなく、川口、大宮からも組合員が家族で行ってたら、
素敵な若者達が、こんなに大勢いるってわかるときだったのに。

おとなは、若者をどれだけ信用できるのか、
考えるところがあるなあと思いました。

しゃべり小屋でも田中優さんと鎌仲ひとみさんがしゃべっていましたが、
みんなが片付けた頃には、舞台でのトークもありました。
六ヶ所村ラプソディにも出演されていた菊川慶子さんと
荒木茂信さんも交えての4人でのトークです。



六ヶ所村の話を
こんなに明るく、
芝生に座って、
たくさんの若者たちが、聞いているということ、
特に、男の人たちが多かったこと、
これは生活クラブではありえないことです。

生活クラブだけでがんばるのじゃなく、
よく聞くように、生活クラブでがんばっても全然だめだから、
委員はさっさとやめて、外に出てしまうとか、(原発やダムや人権など)
たくさんの人たちと一緒に手をつなぐ時代なのではと考えさせられました。

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
うさこ
性別:
非公開

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- うさこにっき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]